被災されたみなさまへ、心からのお見舞いを申し上げます。
みなさんが、元気で楽しく暮らせる生活を一日も早く取り戻せるよう、お手伝いさせて頂きたく、メールでの医療相談を行っております。遠慮なさらず、いつでもご相談ください。
お待ちしています。

2016年5月 Rescue 311 チーム一同

メール医療相談のしかた

311 ER メール医療相談

  1. お医者さんに相談したい方は、まず mail へ件名も本文も入力せずにメールを送ってください。
  2. すぐに相談表が送られてきます。その相談表に答えて、メールで返します。
  3. ボランティアのお医者さんや医療従事者の方々が、相談票を見て相談に応じてくれます。
  4. 相談の返事が、直接メールに届きます。

相談は、パソコンメール、携帯メールのどちらからでもOKです。
(携帯メールを使う方は、受信設定をご確認ください。受信できない場合はこちらをご覧ください。)

登録医師の主な診療科
内科、外科、精神科、脳外科、耳鼻科、産婦人科、小児科、リハビリ科、眼科、整形外科、形成外科、皮膚科、麻酔科、歯科・口腔外科 (2016年5月現在)
医師以外にも、管理栄養士、理学療法士、看護師、助産師、薬剤師等みんなで相談をお待ちしています

ご注意ください

  1. 相談にはボランティアの医療従事者がお応えします。そのため回答に時間がかかることがあります。お急ぎの方は、医療機関での受診をご検討ください。
  2. 一人の相談者から、複数の相談を並行してお受けすることができます。避難所などでお近くに困っている方がいらしたら、ぜひ代理で相談ください。その際は(2)の相談票を、患者さんごとに一通ずつ、複数回送ってください。(1)の空メールは不要です。
  3. info@311er.jp へ空メールをおくり、相談票を一度うけとると、再度空メールを送っても4日間は返信がありません。相談票を失くした場合には、メール件名に「相談票希望」とお書き添えの上、同じアドレスへ送信ください。数日中に、毎回自動返信されるよう変更します。)

ボランティア医療従事者代表・椎原医師からの挨拶

活動再開挨拶

2011年東日本大震災後に立ち上げたRescue 311 震災から一年を区切りに活動を終えていましたが、今回2016年4月熊本地震に際し活動再開を決定しました。
未だ避難生活を続けておられる方々のため、形は整わないながらも動き始めます。あわせて有志協力者募集中です。

前回同様我々の活動を支援してくださるSalesforce社の皆さんに感謝します。
ホームページの内容は前回の内容も残っておりわかりにくい点をお詫びします。活動再開を優先するためご理解とご容赦を賜われれば幸いです。不明な点はお問い合わせください。

Rescue 311一同 2016年5月
代表
群馬県立小児医療センター 神経内科部長 椎原隆