被災されたみなさまへ、心からのお見舞いを申し上げます。

これから始まる長い道のりを前に、なにをおいてもみなさんのご健康を、私たちは願っています。
みなさんが、元気で楽しく暮らせる生活を一日も早く取り戻せるよう、お手伝いさせてください。
ご相談をお待ちしています。

2016年5月 Rescue 311 チーム一同

Q: わたしも相談していいの?

被災地の避難所で生活している方だけを対象にしているのではありません。

● 被災地方で、ご自宅にいらっしゃる方

  • 小さなお子様がいらっしゃって、なかなか自由の気かないかた
  • ご高齢であったり、持病をおもちで、移動がままならないかた
  • 自宅はあっても勤め先を失っていらっしゃるかた、保険証がなく病院へ行きづらいかた

など

● 他県などの、避難先にいらっしゃる方

  • いつもの病院へ行けず、見知らぬ土地での通院にこまっているかた
  • 避難所周辺の移動手段がなく、通院の難しいかた
  • 被災者の受け入れによって地域の医療機関が非常に混雑していて、並ぶのが困難なかた。または、地元のかたに迷惑になるのでは、と遠慮なさっているかた

など

どんなかたちであれ、どんな理由であれ、震災によってこれまでのように病院へゆくことが難しくなった方ならどなたでも、お気軽にご相談ください。

Q: わたしより、もっと大変なかたがいるのだから・・・。

  • 県外に避難したわたしより、被災地のかたのほうが大変だ。
  • うちは家があるからまだいいほうだ。大変なのは避難所にいるかただ。
  • みんな頑張っているのに、わたしくらいの困難でボランティアのかたに頼ってはいけない。

などのようにお考えのみなさん。どうぞ、ほかの方と比較しないでください。

どんな理由であれ震災の前とくらべて通院が難しいなら、あなたのために、医療者のみなさんが待っています。

 

Q: 本人からの相談が難しいのだけど?

ご本人からではなく、代理の方からの相談も受けつけています。
ご高齢のかた、目の不自由なかたなど、どうぞ代理のかたからご相談ください。

● まわりに、相談できないかたがいらっしゃる方

      ひとりの相談者のかたから、複数の相談を受け付けることができます。

 

      ひとりの相談が終わるまで次の相談をまつ必要はありません。すぐに次の相談票を送ってください。

 

    どうぞ、まわりの方の相談を手伝ってあげてください。

● ご自身のケータイでうまくいかない方

      また、一部携帯電話で(迷惑メールフィルターの設定によって)、空メールを送っても相談票が戻ってこない場合があります。

 

    ご自身の携帯電話である必要はありません。他のかたに代理相談をお願いしてください。

Q: メールじゃ雰囲気がわからなくてこわいのだけど・・・

メールだからこそ、他のかたに自分の相談内容を見られることがない、というメリットがありますが、
逆に雰囲気がわからなくてちょっと心配、という方もいらっしゃるかもしれません。
もし掲示板形式のボランティア医療相談をお探しなら、以下の場所でも先生方が相談を受け付けていらっしゃいます。

● mixi: 東北地震・医師による健康相談室
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5523361
『ボランティア医師による健康相談室です。身体の相談・心の相談、お気軽にどうぞ』(トップページから引用)
● Facebook: 東京慈恵会医科大学有志による東日本巨大地震支援チーム(有志)「医療相談窓口」
http://www.facebook.com/jikei.soudan
『このFacebookページは、東京慈恵会医科大学有志による東日本巨大地震支援チーム(有志)による「医療相談窓口」
です。各専門の医師、看護師、薬剤師がみなさんの質問にお答えします。一般的な医療相談ですが、少しでも被災者の皆様の
安心につながれば幸いに存じます。』(トップページから引用)

Q: 私が相談した内容は誰が見るの?

Rescue 311 に届いた相談を待っているのは、100名ほどの医療者および数名のシステムスタッフです。
複数の医療者が意見を出し合いながら回答をしていますので、複数の医療者があなたの相談内容に目を通しています。
また、既存の掲示板システムを使用した医療相談のように、他の相談者のかたからあなたの相談内容が見えることはありません。
ただ、この未曾有の経験を次の有事に活かすため、後日、個人が特定されない形で症例が参照・紹介されることはあり得ます。
もしご心配な場合には、仮名・匿名でご相談ください。
その際も、現在いらっしゃる場所については正確にお知らせください。回答時に、近隣の医療機関をご紹介する場合などがあるためです。
(今いらっしゃる場所を理由に相談をお断りすることはありません。)